指紋認証は指の指紋をかざして本人であることを確かめる方法のため、鍵を持たなくていいことや暗証番号を設定する手間がかからないため便利です。指紋は肌荒れなどが原因で正確に読み込みができない場合に解錠できないなどのリスクがありますが、鍵や暗証番号が不要なため高級マンションなどで多く用いられています。
指紋は人によって形状が違うためにスキャンをして判別をする方法としても用いられる傾向があり、手ぶらの状態で暗証番号を入力する手間などを省けるために導入する物件が増えていることが特徴です。認証をするための機器を購入する場合は価格が高く、高級な物件などにあることが多いです。

指紋認証は指の指紋の形状を登録して物件内に立ち入りができる人物を選別するため、別の方法と比べると安心して使えることが特徴です。一人暮らしをする時はセキュリティが高い物件を探し、設備や間取りなどを確かめて決めると安心できます、指紋は洗剤などを使うと手が荒れて認識しにくくなる可能性が高く、人差し指や親指など複数の種類を登録すると対処しやすいです。認証は様々な方法がありますがセキュリティを強化するために必要不可欠なため、仕組みを正しく把握して対処することが求められます。